MENU
CONTACT
tel.044-328-9582
電話をかける
RESERVE
OTHER

虫歯治療

前歯治療(かぶせもの)

前歯治療の流れ

  1. 虫歯を削る
  2. 必要に応じて神経を取り除く
  3. 型を取る
  4. 技工所で装着物を制作する
  5. 装着する

前歯治療の素材について

セラミック

陶材を歯科用に加工したものです。自然の歯の白さに近く、大変美しく仕上がります。最大の特徴は透明度の高さがいつまでも持続することです。プラスチックのように変色することはなく、虫歯や歯周病の原因となるプラーク(細菌)もつきにくく、歯磨きをすればしっかりと落とすことができるのも特徴の一つです。

美しさ 耐久性 清潔感

プラスチック

健康保険が適用になります。変色しやすくプラークもつきやすいため、審美性はセラミックに劣ります。

美しさ 耐久性 清潔感

奥歯治療(つめもの・かぶせもの)

奥歯治療の流れ

  1. 虫歯を削る
  2. 型を取る
  3. 技工所で装着物を制作する
  4. 装着する

奥歯治療の素材について

セラミック

陶材を歯科用に加工したものです。自然の歯の白さに近く、周りの人に気づかれることはほとんどありません。歯科用の金属は少しずつ溶け出すため金属アレルギーの原因となることがありますが、オールセラミックであれば金属を一切使用せず安心です。耐久性と美しさ、どちらも求められる方には金属にセラミックを焼き付けたメタルセラミックもおすすめしております。

美しさ 再発リスク 耐久性 安全性

ゴールド

多少目立つことはありますが、それ以上に利点があるのがゴールドです。表面がなめらかなためプラークが溜まりにくく、虫歯が再発すること(二次虫歯)が少ないことや、腐食せず隙間ができないこと、金属アレルギーになりにくいこと、耐久性に優れている点などがあげられます。

美しさ 再発リスク 耐久性 安全性

銀歯

健康保険が適用になりますが、他の素材に比べ、虫歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなります。

美しさ 再発リスク 耐久性 安全性

豆知識 : 虫歯になるメカニズム

虫歯とは、虫歯菌がつくる酸により歯のカルシウムが溶けている状態のことを言います。虫歯菌は歯の表面についた食べかす(プラーク)を非常に好む性質があるため、食後はしっかりと歯を磨くことが重要です。

しかしながら、実際には歯は虫歯菌に溶かされているだけでなく、自然に溶けてもいます。これを歯科用語で『脱灰(だっかい)』と呼びます。その一方で、歯は唾液中に含まれるリン酸やカルシウムを取り込み失ったカルシウムを補填しています。これを『歯の再石灰化』と呼びます。

歯はこの脱灰と再石灰化を繰り返しバランスを取っていますが、プラークが付いたままでいればその自然な脱灰に加えて虫歯菌による脱灰が起きてしまいます。そのため脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、虫歯になるのです。

インプラント

歯が失われた場所にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に人工歯冠をかぶせ歯を補う治療法です。入れ歯やブリッジとは違い、周囲の歯に負担をかけることや削ることがないため、快適にご使用いただけます。CT撮影を用いてきちんと術前診断を行うことで、術中・術後のリスクを軽減いたします。

入れ歯との違い

1. 違和感がなくお手入れしやすい

インプラントは、入れ歯のような異物感が全くありません。また、取り外す必要がないため、ご自身の歯と同じようにお手入れしていただけます。

2. 噛み心地がよく、痛みがない

入れ歯は歯茎部分が直接噛む力を支えるため痛みを感じやすく、自然の歯の20%~30%程度しか噛めません。それに対し、インプラントでは直接骨に固定するため、自然と変わらない噛み心地で、噛む力も自然の歯に匹敵するほどで、今までと同じように噛むことができます。

3. 周囲の歯を削らない

周囲の歯を削らないため、健康な歯に負担をかけません。

ブリッジとの違い

1. 健康な歯に負担をかけない

ブリッジは歯を失った部分の周囲の歯を土台にし橋渡しをして歯を補う治療法で、その際土台となる健康な歯を削る必要がありました。インプラントでは骨に歯を埋め込むため土台となる歯は不要ですので、周囲の歯を傷つけず治療を行うことができます。

2. 周囲の歯に優しい

ブリッジは土台となる歯に負担がかかり折れてしまったり、土台の周りにプラークが溜まりやすいため虫歯の原因となることもあります。インプラントでは土台を必要としないため、周囲の歯に負担をかけません。

3. 耐久力に優れています

インプラントは耐久力に優れているため、第2の永久歯と呼ばれています。

無痛治療

『歯医者=痛い』という固定概念を皆様の心の中からなくしてしまいたい、私たちはそう考えています。治療において痛みが伴うことへの恐怖心や不安は、子供でも大人でも変わりません。ゆったりと高級感のある院内でリラックスしていただきながら、痛みを伴いやすい麻酔投与において表面麻酔や電動注射器を使用するなど、様々な方法で痛みや恐怖心を払拭する努力をしております。

万が一痛みが伴う場合や、激しく痛む場合、唾液が溜まって苦しい時や口を開けていて辛くなった場合など、遠慮なく手を挙げて合図をお願いいたします。

私たちはできるだけ無痛診療を心掛け、苦しくなく治療を受けていただきたいと考えております。皆様にとって安心してご来院いただける場所であり、虫歯の早期発見・早期治療に取り組む皆様のかかりつけ医でありたい、それが私たちの思いです。

予防歯科

私たちは虫歯や歯周病の予防に力を入れ、一人一人に合わせた予防プログラムを作成しています。医院でのケアとご自宅でのケアを計画的に行うことで、最大の予防効果が発揮できます。

小児歯科

お子様の場合、必ずと言っていいほど歯科医院に対して恐怖心を持っています。私たちはお子様がリラックスして治療を受けていただけるよう、また歯科治療に対する苦手意識を植え付けないよう、細心の注意を払っております。小児歯科治療は、永久歯や健康的な栄養摂取など、お子様の成長において非常に重要な役割を果たします。歯の健康管理は乳児から始まります。お気軽にご相談ください。

審美歯科

つめものやかぶせものを自然な歯の色にしたい、歯の色が気になる、歯並びを治したいなどとお悩みの方に、虫歯・歯周病・歯並びにおいて審美歯科を行っております。ご要望を伺いながら最適な治療法をご提案させていただきます。プライバシーにも配慮しておりますので、安心してご相談いただけます。

ホワイトニング

医院で行うオフィスホワイトニング、ご自宅で行うホームホワイトニング、両方を組み合わせたデュアルホワイトニングを行っております。また、照射器によるホワイトニングも導入しております。

歯の黄ばみや色のくすみは、ただそれだけで不健康そうな印象を与え、美しく白い歯は健康的でいきいきとして見えるといわれています。ステインやタバコのヤニによる歯の着色はもちろん、加齢や遺伝による変色などでも、薬剤を使用してホワイトニングすることが可能です。

矯正歯科

歯並びが悪い状態のままにしておくと、将来的に肩こりや偏頭痛の原因となる場合があり、年を重ねるごとにその不調は顕著に表れてきます。矯正治療では、そういった原因で起こる不調を改善することができます。治療は長期にわたることもあり、痛みを伴うこともあります。また、金銭面での負担も懸念されます。しかしながら将来的な健康を考えた際、ご自身の健康のために一時期を費やす価値は十分にあると考えます。お気軽にご相談ください。

噛み合わせ治療

噛み合わせが原因で起こる肩こりや偏頭痛、顎関節症などは、噛み合わせを治療することでしかその症状を緩和することはできません。肩こりや偏頭痛などでお悩みの方は、是非一度ご相談ください。

口腔外科

親不知(おやしらず)の抜歯

正常萌出・埋状・水平埋伏など、ほとんど症例が当院で抜歯できます。症例によっては連携病院への紹介も行っていますので、ご安心ください。

歯周病治療

現在の医学において様々な研究がされているにも関わらず、歯周病を完治させることはほぼ不可能です。原因の一つとして、自然感染があげられます。一度完全に歯周病菌を除去できたとしても、誰の口にでもいる歯周病菌に自然感染してしまいます。一度歯周病にかかり歯茎から歯が剥がれてしまうと、ある程度引き締めることはできたとしても完全に元通りにはなりません。そのうえ、再度歯周病に感染すると、以前できた歯と歯茎の隙間に簡単に取りついてしまいます。

最善の歯周病治療法は、定期的にお口のケアをおこなうことです。プラークはしっかり歯磨きをしたとしても完全に取り切ることは困難なため、歯科医院で歯科衛生士のようなプロが専門の機械を使用して定期的に除去することが必要です。

豆知識 : 歯周病とは

健康な状態では歯は歯茎と密着しています。歯周病とは、歯周病菌が歯と歯茎の間に入り込みやがて歯槽骨(歯を支える骨)に達し骨を溶かしてしまう病気です。歯槽骨が溶けてしまえば歯を支えることができず、いくら歯が健康であっても抜けてしまいます。成人の8割ほどが歯周病であると言われています。年を取るにつれて虫歯にはなりにくくなる半面、歯周病は年を取るにつれ進行します。ほとんどの成人が罹患してるうえ、骨が溶け健康な歯でも抜け落ちるという恐ろしい病気です。

豆知識 : なぜ歯周病になるのか

歯周病の原因となるプラークは、しっかり歯磨きをした程度では落とすことはできません。プラークは唾液中のカルシウムやリン酸を取り込み固まり、歯石となります。歯周病菌は空気に触れると死ぬという性質があるため、プラークという細菌集団とともに歯石を作りながら歯茎の奥へと進行します。このため、歯茎から歯が剥がれ炎症や腫れを引き起こします歯周病はこの時まで自覚症状がなく気付かないことがほとんどで、気付いた時にはすでに重症化しています。

検診のご案内

むさしこすぎファミリー歯科では、各種歯科検診を承っております。
詳細やお申込み方法については、お電話にてお問合せください。

  •  妊婦歯科検診
  •  川崎市歯周病検診
  •  各種企業検診